妊娠中にベルトで骨盤を支えてもお腹の赤ちゃんに影響はありませんか?

写真

全く問題ありません。

いざ出産のときでも骨盤の形や、その時の痛みの部位によっては、分娩台でベルトを巻きながらお産をされた方がいいケースもあります。

基本的にはお母さんが楽で快適な妊娠生活を送れると、赤ちゃんも楽で、いい子宮内環境にいるということにつながりますので、ベルトを巻くことでお母さんが痛みのトラブルが改善するのであれば、妊娠週数に関わらず出産の時までベルト保持することは全く問題ありません。というより、妊娠中からベルトやさらしで骨盤を固定することで、骨盤が過度に緩むことを防ぎ、腰痛や恥骨の痛み予防だけでなく、子宮の形状が胎児にとって良好な形になると言われていますので、胎児環境を整えるという意味でも大変効果的です。
ただし、巻く位置がずれていたり、巻き方がまちがっていたりしますと逆に痛みのトラブルになることがありますので、自己流ではなく、ひろゆらりできっちりと巻き方の指導を受けていただいた方がいいと思います。