妊婦さんの頭痛~今すぐできる3つの対処法~

頭痛

今回は、妊娠中にみられやすい症状の一つ、「頭痛」についてお話ししていきます。 妊娠中に限らず、「頭痛」を経験したことがある方は多いと思います。頭痛が起きると、何も手につかなくなったり、動くのも辛いですよね。 普段は、薬を飲むと治る頭痛も、妊娠中だから薬は飲めなくて、我慢しているのもしんどいですよね。

1.頭痛が起こる原因

頭痛が起こる原因は妊娠初期と中期・後期により変わってきます。

1ー1. 妊娠初期~ホルモンバランス~

ホルモンバランスの変化により生理前・生理中に頭痛になる人は多いです。妊娠初期も体型の変化はみられないですが、身体の内側ではホルモンバランスが大きく変化しています。
妊娠をするとエストロゲンが大量に分泌され、ホルモンバランスが急激に変化します。その変化に体がついていけず、頭痛を起こします。

1-2.つわり

つわりによる嘔吐で体から水分が出ていきます。身体の水分が少なくなり、脱水を起こしてしまい頭痛を起こします。
個人差はありますが、つわり中に頭痛になる方が多いです。つわりがおさまるにつれて軽減してくる場合もあります。

1-3  妊娠中期・後期 〜体型の変化〜

妊娠中期から後期にかけて、見た目も変化していきます。 妊娠経過で大きくなったおっぱいで肩が張りやすくなったり、お腹が大きくなるにつれ支えるために腰から背中に負担がかかります。立つ姿勢、座る姿勢も変わり、筋肉が緊張しすぎるとそこから頭痛につながります。

⒉頭痛の種類

妊娠中に起きる頭痛の種類には大きくわけて2つあります。

2-1.偏頭痛

偏頭痛は、ホルモンバランスやストレスなど何らかの原因により、脳の血管が拡がりすぎて周りの神経を圧迫して痛みが生じます。 妊娠初期に起こる頭痛は、偏頭痛の場合が多いです。

2-2. 緊張性頭痛

緊張性頭痛は、頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、 これが神経を刺激して痛みを引き起こします。 最近では、スマートフォンやパソコンなどの影響により目の疲れにより頭痛もひき起こしやすくなっています。

⒊頭痛の対処法

3-1.カフェイン摂取

普段からコーヒーを飲んでいる人は、少量のコーヒーを飲むと症状が緩和することもあります。 カフェインの血管収縮作用で、拡がった脳血管を収縮させます。過剰摂取を続けると妊娠の継続に影響があるとされるカフェインですが、1日コーヒー1~2杯程度なら妊婦さんでも問題ないです。

3-2.水分補給

食事が思うように取れない時期でも水分だけは補給しましょう。水分が不足すると、血液がどろどろの状態になります。その結果、血流が悪くなり頭痛につながります。飲み物だけでなく、フルーツやスープなどもおすすめです。

3-3.足湯

頭寒足熱でリラッ クス効果があり、足を温めることにより、全身の血流が良くなります。寒くなってきたこの時期、足が冷えるという方は特におすすめです。 ふくらはぎの半分くらいのところまで浸かるぐらいが効果的です。温度は、気持ちいい温度か冷えている方は42度ぐらいが目安です。10分ほどで汗かくぐらい全身熱くなってきます!

身体の変化がでやすくなる妊娠中も楽しく快適に過ごしていただきたいです!頭痛に悩んでいる方は参考にしてみてください。