恥骨痛は身体のバランスから改善

妊娠中にでやすい痛みの1つに『恥骨痛』があります。

「恥骨が痛い」って、急になるとびっくりしますよね!
恥骨痛は、痛みが強くなると寝がえりや歩行時など普段の日常生活のなかでも激痛が走ります。

まず、恥骨はどこにあるのか?
IMG_6704
恥骨は骨盤を作る骨の1つです。
骨盤の前側、下の方にあります。

なんで恥骨に痛みがでるのか?

恥骨が痛くなる原因は、身体のバランスの変化です。お腹が大きくなり上手く身体のバランスがとれなくなり恥骨に過度に負担がかかり痛みがでます。

今回は妊娠中の身体の変化、身体のバランス、恥骨痛の対処法についてお伝えします。

1妊娠中の身体の変化

1ー1.骨盤のゆるみ

妊娠によって、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。リラキシンには靱帯を緩める働きがあります。赤ちゃんの成長や出産に対応できるように靭帯・筋肉を緩め、骨盤を広げます。
骨盤がゆるむことにより、普段はカチっと支えられている骨盤がグラグラゆるみます。

1−2 胎児の成長

妊娠後期になると、お腹が大きくなり恥骨が圧迫されて痛みがでやすくなります。更に、臨月に入ると、大きくなった赤ちゃんが下がり、骨盤の中に赤ちゃんの頭がすっぽりと入り込むことによって、骨盤や恥骨が押し広げられた状態になります。恥骨や胃など身体のなかで圧迫されることが多いと思いますが、赤ちゃんが大きくなっている証拠でもあるのですごくいいことです。

2.身体のバランスの変化

image1

妊娠中の身体の変化は、マタニティー生活の中では必要なことです。
そして、恥骨が痛くなる人もいれば、痛くならない人もいます。
じゃあ、なんで恥骨が痛くなることがあるのか?
それが、身体のバランスが上手くとれているかとれていないかの違いです。

身体の変化により、歩行時・座位姿勢・立位姿勢が変わります。
お腹が大きくなっていく中で、体重がつま先にのっていたり、踵にのっていたり、重心が極端に偏ります。
この偏りが、続くことで身体に過度に負担がかかるところができてしまい痛みがでやすくなります。

妊娠すると、どこまで動いていいのか、自分一人ではなかなか運動もしづらいですよね。毎日、同じ姿勢が多くなり、お腹も大きくなってより身体は偏りやすくなります。

恥骨痛の対処法は身体のバランスを整えることです。

3.恥骨痛の対処法

「不安定なところに立つ」
image1-3

なかなか、日常生活でグラグラ不安定な上に立つことは少ないと思います。不安定なところに立つことで、自分もバランスが悪く不安定だと転けてしまうので身体は安定させるように働きます。

日常生活では、砂利道を歩くことで自然に安定しやすくなります。

今は便利な生活になり、道も綺麗に舗装されているので、不安定なところも都会になるとみつけにくいですよね。

タオル足踏み

家の中で、布団やタオルの上で足踏みするのも効果的です。

妊娠中の身体の変化、バランスの偏りから恥骨痛になりやすくなるので、普段の日常生活のなかで、できそうなことから取り入れてみてください。