妊娠超初期の恥骨痛の原因とエクササイズ

妊娠超初期からの身体の変化に、「恥骨痛」があります。

まだ、胎児も大きくなっていないのに・・・。なぜ、恥骨痛は起こるのでしょうか?

今回は、妊娠超初期から初期にでやすい「恥骨痛」の原因と、これからのマタニティーライフを楽しむための3つのエクササイズについてお話しします。

恥骨はどこにあるの?
IMG_6704

恥骨は、骨盤の前側にあります。

妊娠超初期から初期の恥骨痛の症状

□下腹部がチクチク痛い
□寝返り・起き上がりに痛みがでる
□立ちしゃがみが痛い

など、安静時に痛みがでたり、動き始めに痛みがでます。

恥骨痛の原因

1.骨盤がホルモンにより緩む

妊娠をすると、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。生理前にも少量、数日間分泌されるホルモンです。このリラキシンは妊娠すると妊娠超初期から後期までずっと分泌が続き、骨盤周りの靭帯をゆるめる働きがあります。出産の際、お腹の赤ちゃんが狭い産道を通りやすいよう、妊娠するとリラキシンが分泌されるようになります。

リラキシンの影響で骨盤を形成する恥骨もゆるみ、恥骨痛に繋がります。関節に作用するので、恥骨痛の他にも膝痛、腰痛などの関節痛を引き起こすことがあります。

2.身体の冷え・血行不良

ホルモンバランスによる基礎体温の変化も妊娠中は起こります。
その変化により、子宮や腸などの骨盤の中にあ内臓が冷えても恥骨に痛みがでることがあります。

内臓の冷えと恥骨痛、一見関係がないように思いますよね・・・
子宮や腸・筋肉・血管・骨・脳など、全部あわせて身体は1つなので、痛みがでているところが原因ではないこともあります。

3.胃腸の調子が良くない

つわりや、便秘・下痢などの胃腸の症状も妊娠超初期から初期は、恥骨痛以外にもみられやすい身体の変化です。この内臓の症状によっても恥骨痛を引き起こすことがあります。

エクササイズ

1.骨盤底筋

骨盤底筋は、下から骨盤を支えているのでこの筋肉のエクササイズで、骨盤が安定します。
image1 (5)

股にタオルを挟み、膣を持ち上げるように力を入れます。

 

2.お尻(臀筋)

image1 (2)

お尻の穴をキュッと締めるように力をいれます。

3.背骨

背骨が動くことで、呼吸・姿勢が変わり、血流を良くしたり、体のバランスを整えます。

image1 (3) image1 (11)

妊娠超初期から、いろんな身体の変化がでて不安になることもあると思います。
しっかり、身体の変化に気づいた妊娠超初期からエクササイズなど出来ることをしていきましょう

妊娠10ヶ月間、楽しくすごすために少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。