歩いて骨盤調整!散歩をするなら凸凹道♪

妊婦さん・産後のママさんがご自身の身体の事で一番気になるのが『骨盤』。ゆがんでいるのか、治した方がいいのか、気になるけど整骨院に行くのは、、、。という方に!!日常生活の中で調整できる方法があります。それは『凸凹道の散歩』です♪♪  え?そんなので本当に調整できるの?!と思いますよね。出来てしまうんですよ。その解説を書いていきます。

まず、骨盤とは何なのか?

20130129141501

左右にある蝶々みたいな骨(腸骨)と真ん中にあるごつごつした骨(仙骨)の三つの骨で骨盤は構成されています。一つの骨ではできていなのです。互いの骨は靭帯という固いひもでくっついており、動かないようにしています。それが仙腸関節といいます。ですが、妊娠することで胎盤から出てくるホルモンにより骨と骨の間にある靭帯を緩くしていき、骨盤に動きを与えています。これが骨盤の緩みになります。

 

骨盤の緩みとは?

ではなぜ、骨盤が緩む必要があるのか。理由は2つあります。

1、おなかの中で赤ちゃんを育てるため

骨盤の中に赤ちゃんのお部屋”子宮”が存在しています。子宮は赤ちゃんの成長に伴って伸び縮みしています。(とっても賢い臓器なんです。)子宮は伸びるのに子宮が収まっている骨盤が広がらないと赤ちゃんが大きくなれないのは想像つきますでしょうか??骨盤が広がらないことには赤ちゃんが窮屈なので、お母さんは骨盤を広げてあげて赤ちゃんがぐんぐん育つようにしているのです。

2、お産をスムーズに行うため

さて、いざ出産となると赤ちゃんもお母さんも命がけです。陣痛が来ているかどうか、赤ちゃんの心音は?ちゃんと赤ちゃんが下りてきているのかどうか、、、。赤ちゃんは産道という道を通って産まれてきます。その産道を作っているのが骨盤の底なんです。骨盤の底は円になっていますが緩みのない骨盤の底は赤ちゃんの頭ぐらいの直径であるのでお産の際赤ちゃんのお母さんも少し苦しそうですよね。それを骨盤を緩くすることで産道を広げ赤ちゃん少しでも通りやすくています。

 

お母さんの身体、、、。凄いですよね!!!おなかの中に赤ちゃんがいてる時からお母さんはお母さんなんだなと思います。素敵です。

 

どのようにして調整していくの?

前置きはさておき、本題です。日常生活でどのようにして骨盤の調整をするのか。まずは骨盤のチェックからしてみましょう。

骨盤のチェック

とっても簡単です。片脚立ちをしてみましょう。左右ともしてどちらが立ちやすいのか確認してください。この左右で感覚が違うの骨盤の歪みで、ふらふらする感じは骨盤のゆるみです。(あくまでも指標です。ちゃんとしたお身体の状態は当院にお任せ下さい。)

この片脚で立つ”感覚”やふらつく”感覚”がとても大切です。

凸凹道の理由

一昔前の生活を思い浮かべてください。お母さんはたくさんお産できていましたよね。今とは何が違うのか?それは生活環境なんです。昔は道はガタガタ、移動手段は自転車や徒歩、、、。掃除なんて掃除機がなかったときはほうきと雑巾でしたよね。今より日常生活でのいろんな動きをたくさんしていました。では、今はどうでしょうか???安定したまっすぐな道、車もありますし、掃除に関しては掃除機がありますよね。この安定した環境が当たり前になり身体は楽することを覚えてしまっているんです。だからって昔みたいな生活をしようとしても、無理な部分が出てきますよね。だかたこそ、凸凹道なんです!凸凹道のような不安定な場所に身を置いて下さい。こけまいと勝手にバランスをとってくれるんです。知らない間に身体全身を使っているのです。

凸凹道を探してみよう!

散歩がてら凸凹道を探してみてください♪河川敷や、砂利道、、、。普段何気なく通っている道ですが、凸凹を探すとなると少しワクワクしてきますよね♪私も探してみたら意外と近くに砂利道がありました。

image

スポーツ選手のトレーニングの一つで砂浜トレーニングというものがあります。足元が不安定な場所で走りこむことで、各競技のフィールドでの身体の動かし方良くなるというトレーニングです。妊婦さん・産後のママさんは走り込みまではしなくていいですが(笑)お散歩がてらお子様と歩いてみてください♪