今、出産育児に不安を感じる方に読んでほしいブログ

世界の女性に笑顔と元気を!

女性のための鍼灸整骨院「ひろゆらり」です。
妊娠中〜産後にかけて様々な「不安」を抱かれた方がほとんだと思います。
また、妊娠出産以外でも、男女問わず「不安」という感情は生まれますね。
本日は、人はなぜ不安を感じるのか?
どのようなときに不安を感じるのか?
不安がもたらす大切なこととは?
このような内容を書いていきたいと思います。
不安を感じたとき、ワクワクするような感覚が、
このブログを読まれて出てくると嬉しく思います。

 

不安とはなんなのか?

皆さんが今まで不安に感じたこと思い返してみていただけますか?

小学校の高い跳び箱が跳べるか不安だった。
試験に通るかどうか不安で勉強したこと。
社会人の面接で受かるかどうか不安。
妊娠して無事に元気な赤ちゃんが出産できるか不安。
産後ちゃんとしたママになれるか不安。

など様々な不安があったことと思います。
私たち人間含め、動物には皆「不安」という感情あるそうです。
それがなければ、危険を察知できないから。そう言われていますが、
私はそれと同時に、
「不安が人(動物)を強くしてくれる」
という自然の原則があるように思えます。

 

出来ないことに、不安は感じない

出産や育児に対する不安は、ママであれば必ず感じたことがあると思います。
でもね、裏返せば、それはママ自身が、
「私は元気な赤ちゃんを産んで、しっかり育てることができる」
と信じているから、不安が生まれるんですね。

例えば、200mの崖を登ってください。と言われても、
登れないことがわかっているから「不安」には感じませんよね?
でも2mの登れそうな岩なら、逆に不安を感じながらトライしませんか?
「できるかもしれない」
そう感じることに対して人は「不安」を感じます。

出産や育児に不安を感じてらっしゃるママさん。
大丈夫です。
あなたには必ずできると自分自身を信じている自分がいることを忘れないでくださいね。

 

不安が人を強くする

今、もしあなたに不安を感じることがあったとします。
出産の不安、育児の不安、仕事の不安などあると思います。

その不安を感じているだけで、あなたはすごく努力をされています。
もしかしたら、何もしていませんよ。とおっしゃる方もいるかもしれません。
でも不安を感じて生きていることは、それだけで努力です。
そして、不安を感じながらもその壁を乗り越えたとき、
精神的にとてもたくましくなっていることは間違いありません。
過去の不安だったことを振り返ると、なんであんなことに悩んでたんだろう?
そう思うこともありますよね。
不安があるから人はなんとかしようと頑張って強くなります。
今、妊娠、出産、育児に不安がある方も必ず、これを乗り越えて強くなります。
「自分を信じている自分」を信じてあげましょう。

不安を歓迎しよう!

「不安」を感じ、向き合うことで人は成長できます。
そして不安がなければ人は成長もしないし、強くなることもありません。
であれば、今あなたの感じている不安がもしあれば、
それを歓迎しましょう!
簡単なことではないように思いますが、
「今この不安なことがらは自分を成長させてくれる試練なんだ」と考えましょう。

「神様は越えられない試練は与えない」といいます。

越えられない試練などなく、試練と感じることもまた歓迎して、
受け入れてしまえば、その時点で試練ではなくなります。

不安な感情は、あなたを強く、たくましく、美しく、する以外に
得なことしかありません。
不安を進んで受け入れ楽しみましょう。
きっと今までにない世界観を体感できるはずです。

それでは今日も1日不安を楽しみましょう!