産後、膝の痛みの原因は膝にない?

産後ママの身体は、出産後から休みなく育児が始まりいろいろな身体の変化が起こります。

身体の痛みも変化の1つです。
肩こりや腰痛、手首に痛みなどもでてきます。
その痛みの1つに膝の痛みがあります。

今回は、産後の膝の痛みの原因と対処法についてお話しします。

産後の膝の痛みで多く聞かれるのが

・椅子・地べたからの立ち上がりが痛い
・階段の昇り降りが痛い
・子どもさんを抱っこして上下に揺れるときが痛い
・しゃがむときが痛い

今まで膝の痛みなんてなかったのに・・・
老化のせい?と思う方も多くいらっしゃいます。産後は、老化で膝の痛みが起きているわけではありません。

産後の膝の痛みの原因

1.膝には原因がない

膝に痛みがでていると、膝自体に原因があると思う方も多いかもしれません。

しかし、膝に元々の原因があることは少ないです。膝は、足首と股関節に挟まれています。膝が単体で動くことはないので、どこかにぶつけたりなど、膝に直接的に衝撃や外力が加わらない限りは、他のところが原因で痛みに繋がっていることが多いです。

1-1.骨盤の歪み・緩み

骨盤は身体の中心にあり、身体の土台となります。産後は、ホルモンバランスや出産により骨盤はグラグラ不安定な状態にあります。この身体の土台が不安定なまま、生活していると変わりに足で身体を支えようとして、負担がかかりすぎ痛みにつながります。

1-2.足からの重心バランス

足は、歩いたり立ったりなど常に身体を支えています。足首が硬くなっていたり、足の指がうまく使えなくなっているとそこから重心のバランスが崩れて膝の痛みがでやすくなります。

重心のバランスが上手く整っていないと、いつも負担のかかる場所が同じになります。

例えば、疲れると右足だけ痛くなる。など身体のなかで使いすぎている所と全然使えてない所がでてきます。

バランスが上手くとれてないことにより、膝が痛くなります。

2.日常生活の変化

育児が始まると、普段の生活よりも立ち上がったり座ったりの動作が倍以上に増えます。
この慣れない動きによって、膝に負担がかかります。

また、私たちの生活が和式から洋式に変化していることも膝に痛みがでやすくしています。

・地べたで座る生活→椅子生活に
・和式トイレ→洋式トイレ
・布団→ベッド
・雑巾掛けの掃除→クイックルワイパー、掃除機

など、便利になっている生活のなかで、身体を動かさなくてもいい生活になっています。家に帰り、育児がスタートして立ちしゃがみが増えたり、睡眠不足が重なったりなど疲れからも痛みやすい身体になってしまいます。

膝の痛みの対処法

1.大腿四頭筋ストレッチ

太ももの前側の筋肉が、上記の様な原因により緊張して痛みがでていることが多いです。

image1 (12)

2.足の指を動かす

指を動かすことで、足の指から重心バランスうぃ整えます。

image1 (13) image1 (14)

膝の痛みの原因と対処法、参考にしてみてください。