産後腱鞘炎で悩まれている方へ

ひろゆらりには「出産後、腱鞘炎になりました。」という方が多く来院されます。

 

大抵の方が、かなりひどい(;´Д`)

たくさん我慢をされて、やっと来院されたって感じです。

 

腱鞘炎とは、手首の親指側にある筋肉(腱)が長時間、長期間ストレスがかかることによって炎症が起き、痛みが出る状態です。

IMG_7550

 

 

出産後2ヶ月、育児中の私ですが少し手首が痛くなった時期がありました。

腱鞘炎にならないように!ってかなり気をつけていたのですが。。。(^_^;)

 

 

原因の一つとして抱っこの仕方

もっと言うと抱っこの時の手首の状態が原因になっています。

IMG_9313

↑↑この写真の手に注目して下さい。

首が座っていない赤ちゃんを抱っこし続ける時に、安定させようとしてどうしても手首や指先に力が入りますよね。

これが長時間続き、毎日繰り返されることによって腱鞘炎になってしまいます。

 

対策としてはまず抱っこの仕方を改善します。

 

IMG_4410

↑↑写真のように手首の力を抜いてみて下さい。

腕全体と身体を密着させるように抱っこすると安定するので手首の力を抜いても大丈夫です。

赤ちゃんもこのように抱っこされると安定して気持ちがいいので落着いてよく寝てくれます。

 

もうひとつの対策は、手首のストレッチです。

IMG_6035

痛みがある方の腕を肩の高さに持ち上げ反対の手で手の甲を持ち、そっと自分の方に引く。

手首から腕の筋肉が気持ちよくストレッチされている状態で10~15秒を一日に2~3回してみてください。

 

腱鞘炎になったかな?という方はこの対策2つを試してみてください。

 

 

 

痛みが強い、又、なかなか取れない場合はひろゆらりで治療を受けられますのでお問い合わせください。

 

 

 

楽しい育児の為に、ママの体を元気にしてあげてください(๑≧౪≦)