妊婦さんの腰痛・おしりの痛みの原因と対処法

「ままゆら」をご覧いただきありがとうございます。
大阪府の女性専門鍼灸整骨院「ひろゆらり」です。

本日のブログタイトルは、
「妊婦さんの腰痛・おしりの痛みの原因と対処法」となっています。
ご妊娠を経験された方の約3人に2人は「腰痛・おしりの痛みを経験したことがある」と
言われていおり、その中で「生まれて初めて腰痛を経験した」という方も少なくありません。
自分の体もつらいですが、お腹の赤ちゃんに何かトラブルでもあったの?
と不安に思われる方も多いので、本日は、妊娠中の腰痛・おしりの痛みの原因と
その対処方法に関して書いていきたいと思います。

妊娠中の腰痛・おしりの痛みはなぜ起きるのか?

原因①骨盤の関節がゆるくなる

骨盤は大きなひとつの骨というイメージを持たれている方もいらっしゃるのですが、
実際には3つの骨がつながってできています。

20130129141501

骨盤=2つの寛骨(かんこつ)+仙骨

これら3つの骨をつなぐ関節部分も当然3箇所あります。

骨盤の関節=2つの仙腸関節+恥骨結合(結合という名の関節)

これら3つの関節のどれか1つ、
もしくは2箇所で妊娠中の腰痛・おしりの痛みは引き起こされます。
(3箇所ともゆるくなりますが、3つとも痛むことは少ないです)
関節を緩ませることの意味は、単純で出産をスムーズにするためなのですが、
関節が緩んだ時に、うまく支えが効いていると痛むことはありません。

原因②筋肉の「弱さ」でなく「バランス」

緩んだ関節を支える筋肉がバランス良く働くことが出来ると、
腰痛やおしりの痛みが出ることはありません。
その根拠は、普段私たちが見させていただいている妊婦さんも、
運動経験が豊富な方(最近までバリバリスポーツしていた方、◯◯インストラクターさんなど)
は全員ではありませんが、痛くなりにくい傾向があります。
反対に、学生時代にもとくに運動していなかった方や、ここ数年運動をせず、
デスクワーク中心という方ほど、痛みが強く出ている方は多いです。

ここで重要なことは決して、「筋肉の弱さ」が原因なのではなく、
「筋肉のバランスのよい使い方」に痛みが出ない秘訣があります。

妊娠中の腰痛、おしりの痛みの対処法

筋肉の弱さが原因ではないということをお話ししましたが、
その証拠をお話ししますと、当院で筋肉バランスを整える体操を
した方は、過去に運動経験がなくても一瞬で痛みが緩和します。
もちろん一瞬で筋肉が強くなることはありませんので、
「筋肉をバランス良く使える状態を作った」から痛みが緩和するんですね。
これをご自宅でもできる方法をお伝えしたいと思います。

対処法 シンプルに「歩く」こと

53df8ba2d89e14906d11fedd9e8b9b37

歩くことによる効果は以下の通りです。

・骨盤の3つの関節を安定させてくれる筋肉
(臀筋、内転筋、骨盤底筋群など)が刺激され働きがよくなる

・筋肉が強くなるだけでなく、「バランスがよくなる」

・日々大きくなるお腹の重さをコントロールできる体を作る

妊婦さんが良く言われていることは、
「痛いのは朝起きる時、少し長い時間座っていて立ち上がる時で、
歩いている時やこまめに体勢を変えているときは痛くないんです。」
と言われています。
これは歩くことで、筋肉がバランスよく使われて骨盤の関節が、
安定するからなんですね。
ですので、歩けないほど痛いとき、主治医から安静を指示されているとき、
以外はどんどん外を歩きましょう。
とくに坂道凸凹道など、いろんな道を歩くことがオススメです!
image
急に、長距離をあるいたり、普段あるかない山道などを歩くと、
かなりきついので、ゆっくり短時間で、体調と相談しながら
始めてみてください。

 

ちなみに、、、

なぜ「筋肉のバランスが変化することで痛みが’出たり引いたりするのか?」
について解説しますね。
ここから下は興味のある方だけお読みいただければと思います。

緩んだ関節を支える筋肉

上で述べたように、3つの関節がそれぞれゆるむのですが、
緩んだ関節を締めるために骨盤周囲の筋肉たちはいつもより
たくさん働かざるをえなくなります。
骨盤周囲にはたくさんの筋肉がありますが、
すべてを使っているわけではなく、
よく使う筋肉もあれば、
反対にサボっている筋肉もあるわけなんですね。

会社で例えると、
よく働く社員さんと、働かない社員さんがいるとすれば、
当然働かない写真さんの仕事の分まで、
働く社員さんはカバーすることになりますよね?

しかも、いつもと違い関節が緩いこの忙しいときと
なれば、さすがによく働く社員さんでも、過労で根をあげます。

これが、妊娠中に筋バランスが崩れて、腰痛・おしりの痛みが出る原因です。

働かない筋肉を働かせる

ここまでお読みいただければ、もうおわかりですよね?(笑)
4880477
よく頑張っている社員(筋肉)を休ませるためには、
サボっている筋肉を刺激して、働いてもらえばいいわけです。
そのための整体や体操方法はたくさんあるのですが、
1番万人に効果のある体操は「歩くこと」なんですね。

現代人の歩く歩数は、江戸時代に比べて20分の1程度とも言われています。。
推測ですが、当時は妊婦さんでも畑仕事や農作業をしていたことも考えると、
腰痛やおしりの痛みを訴える妊婦さんは現代と比べて、
かなり少なかったと思います。

edojidai

いきなり長い時間を歩くのは危険なので、
翌日に疲労が残らない範囲からぜひ「歩くこと」を心がけてみてくださいね。

長々お読みいただきありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。