妊婦さんが楽な寝方とは??

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は妊婦さん(特に妊娠中期以降お腹が出てきてから)にとって「楽な寝方」
についてお話していきたいと思います。

IMG_6750

突然ですが、この写真、少しわかりにくいですが、
うつぶせになっている写真です。
写真はスタッフですが、当院では施術内容によって、
妊婦さんをうつぶせにする場合があります。
ちなみに予定日直前でもこのうつぶせは出来ます。
後ほど詳しく解説しますが、この体勢になっているだけで、
かなり身体が軽くなる姿勢です。
妊娠してお腹が大きくなると、ほとんどの妊婦さんが、
寝苦しい、上向きでは寝付けない、寝返りがつらい、といった状態になります。
こんなとき、どうすれば少しでも楽に寝られるか?
について、想像もつかないうつぶせの方法も含め、
「寝にくくなる意外な理由」など、
日常患者様にアドバイスしている方法をお伝えしていきます。
それではいきます。

なぜ、寝にくくなるのか?

そもそもなぜ妊娠中~後期は寝にくくなるのでしょうか?
よく患者様から、お話にあがることを述べますと、

➀胎動が気になって眠れない

②お腹に水枕を抱えているようで苦しい

③寝返りがしにくいからいちいち起きてから寝返っている

④逆子と指摘されどちらか一方を下にして寝るように、と
産婦人科で指示され守っている

などのお話をよく聞きます。

これすべてその通りなんですが、
妊婦さんを眠れなくする本当の理由はあまり知られていません。
妊婦さんの睡眠が浅くなる本当の理由は、

「授乳の準備」なんですね。

生後数か月は1時間~3時間くらいの間隔で昼夜問わず授乳をします。
授乳についてはまた別の機会で丁寧に綴りたいと思いますが、
生まれてすぐ2時間睡眠になるとママはとても大変です。
なので、妊娠中期~後期から眠りをわざと浅くして、
短時間睡眠に慣れさせてくれている。というのが、
妊娠中に眠りが浅く成る本質的な理由です。

人間の身体は本当にすごいですよね(^^)
ですので、そもそも眠りが浅いことはとても正常に、
身体の働きが行われていると考えて大丈夫です。

それでも、お腹が大きくて寝るのがつらい方に、
2つの方法をお教えしたいと思います。

妊婦さん定番の寝方「横向き」

まずは、妊婦さんも自然に行っている横向きです。
普通の横向きに、ひと手間加えると
とても楽に寝ることが出来ます。

まずは下の写真のような普通の横向きをとります。
IMG_6751
このとき、身体と頭が直線になる程度のまくらを使いましょう。

ここに、2つ楽に寝るためのひと手間を加えます。
どちらか一方だけでも構いません。
➀膝の間にクッションを入れる。
IMG_6752
②お腹の下に畳んだバスタオルを入れる。
IMG_6753

これで完成です。写真でみるより妊婦さんにしてあげると、
かなり楽だと言ってくれると思います。
とくに②のバスタオルをお腹の下に入れてあげるとかなり楽です。

そんな寝方があるの!? 妊娠後期の「うつぶせ」

当院で初めて来られる方は、
僕が、「うつぶせになりましょう。」と言うと、
「・・・えっ??? うつぶせ?」となります。
当たり前ですね(笑)

用意するものは、授乳クッション2つ。
IMG_6755
なかなか2つはお持ちでない方も多いので、自宅で行う場合は、
別のクッションなどで代用してもいいかと思います。

➀まず授乳クッションを下の写真のように置き、〇を作り、
大きめのまくらを置きます。
IMG_6754

②この〇にお腹をはめ込むようにうつぶせになります。
IMG_6756

IMG_6757

IMG_6759

以上です。
すごく簡単ですが、短時間の昼寝などには適した寝方です。
※夜の睡眠は首が痛くなりやすいのでオススメできないですが、
もともとうつぶせで夜寝るクセがある方は大丈夫です。

寝方以上に、「妊娠中のうつぶせ」には意味があり、
慢性的な腰痛をお持ちの妊婦さんなら、
この寝方で15分程度寝ているだけでかなり改善効果があります。
これは、腰椎が子宮の重力から解放されることによる、
リラックス効果によりますが、
マタニティヨガなどでよく登場する「ねこのポーズ」も
同じ理由ですね。
一度試してみられるといいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?
寝方に関して、今回ご紹介したのは、日常診療の中で、
妊婦さんから好評だった2つですが、
すべての妊婦さんには当てはまりません。
最も信頼できる方法はやはり「身体の声を聞くこと」だと思います。
上向きは妊婦さんはしんどいと言いますが、
全然問題なく、上向きで寝られている方もたくさんいます。
ぜひご自身の「身体の声」大切にしてあげてくださいね!

長々お読みいただきありがとうございました。
妊婦さんのお悩みは、大阪 枚方市「ひろゆらり鍼灸整骨院」までどうぞ!

ひろゆらり鍼灸整骨院 https://hirogon-i.com/