産後の下腹ポッコリ改善体操!

大変な出産を終えると、バタバタと育児が始まりあっという間に時が過ぎてしまいますよね。気が付いたら体型がガランと変わってしまった、、、。産後ママさんお悩みの下っ腹のポッコリお腹改善体操をお伝えしていきます!!! 体操を始める前にポッコリお腹になる理由からお話しいたします。

下腹ポッコリお腹の原因

1、骨盤の緩み

骨盤の構造や骨盤が緩む理由はこちらの記事からお読みください⇒” 歩いて骨盤調整!散歩するなら凸凹道♪” 少し付け加えますが、産後の骨盤はとてもグラグラです。骨盤の支えになっているのは周りにある筋肉ですが、妊娠により使い方を忘れてしまっている筋肉なので支えにはなっているけど頼りのない支えなのです。

2、冷え

女性に付きまとうマイナートラブル。身体に冷えが存在することで代謝が落ち、そして代謝が落ちてしまうことで冷えが進行していくという負のスパイラルに陥ってしまいます。代謝が落ちてしまうと脂肪を燃焼できないのです。冷えの症状が出てきやすい産後のお母さんは、出産と同時にたくさんのエネルギーと血液を失うことになります。その補充をするのに必死にお母さんの身体は働いていますが、育児や家事といったエネルギー消費もたくさんしています。ですので、産後一か月は体力等の回復のために安静にしておくべきだと考えます。

話がそれてしまいましたが、身体が冷えてしまうと脂肪が燃焼できないという状態になり更に骨盤が緩んでいると骨盤周りにお肉がついてしまうのいうことになってしまいます。

下腹ポッコリお腹が招くトラブル

下腹ポッコリを放っておくとどんなトラブルがあるのかご紹介いたします。

1、子宮脱

子宮が体外に出てきてしまう状態です。骨盤の底にある骨盤底筋を筆頭に骨盤周囲の筋力の使い方を忘れていることで、筋肉で支えきれないので骨盤の中に内臓をとどめておけなくなってしまいます。これは年齢を重ねるとともに徐々に降りていきます。

2、尿漏れ

子宮脱とほぼ同じですが、これも骨盤底筋や骨盤周囲の筋肉の使い方を忘れてしまい漏れてしまうという状態になります。尿を我慢したり途中で止めることが出来る筋肉が特に影響を受けます。

3、体の冷え・不調

ポッコお腹で身体の不調ってなかなか想像つきませんよね。ですが上記にも記載している内容を見ていただければ、”あ、なるほど!”と感づく方もいらっしゃると思います。冷えと代謝低下の負のスパイラルに巻き込まれやすくなり、体温調節が上手にできなくて風邪を引きやすかったり、体のだるさを感じるようになります。

 

下腹のポッコリは体型だけでなく体調にもかかわっているんですね。
では、ここからは体操に関して書かせていただきます!!!

下腹ポッコリ改善体操

1、準備体操

写真のように上向きに寝ましょう。
securedownload

お臍の下に手を置き、顎を引いて膝の上に目線を持っていきます。膝の上に向かって息を”ふーっと”吐いていきましょう。(イメージは肺の空気をすべて出す感じです。)おへその下が固くなるのを確認してください。

2、膝‐胸タッチ

準備体操の大勢から膝を抱きかかえてください。

2

この位置から膝を胸にくっつけるようにしていきます。

3

この時の注意点は腕の力では引き寄せてはなりません。膝を持ち上げるようなイメージで行ってください。

3、膝‐鼻タッチ

膝タッチの延長です。あの姿勢から鼻を膝に近づけます。

4

この時も腕の力で引き寄せてはなりません。コツはおへそを見るように鼻を膝に近づけていきます。

 

まとめ

意外と楽そうに見えがちな体操ですが、地味にきます。くるんです。(笑)回数は各10回を2セットと少なめですがこの体操を毎日続けてください。数をこな事よりも質がいいものをしていただきたいです。まずは一週間やってみてください。毎日頑張っていれば一か月でポッコリお腹がなくなっていきますよ。ただ、体調がすぐれないときは無理して頑張る必要はありません。出来る時にきっちりしていきましょう。もっと体操を知りたい方は、是非当院の骨盤体操教室にお越しください。(詳細は下にあります。)いつでもご連絡お待ちしております(^^)

 

▷▷ 骨盤体操教室について◁◁