肩こり整体! マッサージと整体、何がどう違うの?

皆様、こんにちは! 大阪・枚方市のひろゆらり鍼灸整骨院です。
本日は、最近一般常識になりつつある「マッサージで肩こりは治らない?!」
「肩こりにマッサージをすると逆効果?!」という肩こりマッサージ否定説ですが、
その本当の理由はいろいろな理解がされています。
そこで本日は、肩こりにマッサージをするメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。
この記事を読まれている方が今後病院選びをされるときに参考になれば幸いに思います。

肩こりにマッサージがなぜダメなの?

肩こりにマッサージをするとなぜいけないのか?
なんとなくいけないのはわかっているし、その場しのぎなのもわかっているけど、やっぱりこのつらさ何とかしたい(>_<)
そうはいってもマッサージをすると肩こりが一時的にでも感じなくなるからそれはそれでいいのではないか?
肩こりに悩む皆様はこのように感じられているのではないでしょうか??
これらの感覚が間違っているわけではありません。実際に肩こりにマッサージをすると楽になります。
では、何が正しのか?よくわかりませんよね?
肩こりにマッサージをメリットとデメリットを正しく理解した上で使い分けていくことが重要になります。

肩こりにマッサージが効果的な場合

まずマッサージが効果的な場合としていくつか条件があります。

➀施術者との信頼関係

気が許せて、リラックスできる関係の方が施術すると大変効果的です。一番は家族だと思います。昔から親の肩たたきをする。みたいな話もありますよね(^^)
施術者の場合は、自分の身体の悩みや特徴をよく理解してくれている先生に施術してもらえると非常に効果的です。
まずマッサージを受けたい場合は、施術法や人間性含めて信頼関係を築ける方にマッサージを行ってもらうことが重要です。

信頼関係があると受ける患者さん側もリラックスして施術を受けることが出来るので、効果はよくなります。
よく町にある60分3000円のマッサージでも信頼関係があるスタッフさんだと効果はありますが、当院にもマッサージにいって余計にひどくなったといって来院される方が多数いらっしゃいます。
このようなマッサージに通われる場合は担当者との関係を大切させた方がいいと思います。

②施術者の刺激量

カラダを真剣に触れている施術者であれば、患者さん聞かずとも相手にとって痛い刺激量かちょうどいいのかは、触れていれば手に取るようにわかります。
刺激量が強いと、当然自宅に帰ってから痛みが発生します。一般的に言う「もみかえし」ですね。
熟練した施術者であれば、もみかえすことはありません。

肩こりにマッサージがよくないと言われる理由

ではある程度効果的なのに「マッサージは肩こりによくない」といわれるのはなぜでしょうか?
それには種々理由があります。

➀肩こり=結果・症状

肩こりは「結果的に」肩に症状が出ているのであって、肩こりという結果に至る原因はカラダの他にある場合がほとんどです。
そのため、上述したようにマッサージが効果的であっても、
「マッサージで肩こりが治った」
という人はいませんよね??

これは原因が改善していないなんですね。
肩こりの原因には、

  • カラダの動作の問題
  • 食事内容(肉食など陽性食に偏る・砂糖の摂取過多)
  • 内臓疲労
  • 思考の偏り
  • 目の問題(視力は関係ない)
  • 生活習慣

などがあげられます。
僕が治療の対象とするのは、今上げたような原因の部分に対してです。
これらの結果、発生する症状が「肩こり」ですので、マッサージは原因ではなく、結果生じる症状に対しての対処療法となります。
対処療法とは、一時的に症状を緩和させることを狙った治療で、根本的な解決法ではありません。
ですが一時的にでも症状が緩和することは明確ですので、

「症状の緩和」+「肩こり原因の治療」の両方が重要になるんですね(^^)

②強い刺激を与えすぎると本来の機能が低下する

人間は環境によってカラダを変化させれる動物です。
例えば重い荷物を運び続けているとカラダはそれに耐えれるように大きく・しっかりとした体格に変化します。
エレベータばかり乗って楽に生活していると、階段を上る筋力が低下します。
宇宙飛行士が地球に帰還すると重力のある状態で立つことが出来ないと言われるのは有名なお話ですね。

原因治療をせずに、肩こりの症状に対して強めのマッサージだけを繰り返し繰り返し続けていると、
肩の筋肉の膜が肥厚(分厚くなる)して、筋肉自身がもつ本来の回復機能がどんどん低下します。
また皮膚の刺激を感知するセンサーがマヒするためにどんどん強い刺激を求め出し、さらに回復機能が低下するといった悪循環に陥ります。

これにより、一生マッサージに通い続け、もっと強く押してくれる人を求めてさまようことになります。

「肩こり」は対処療法と原因治療の両輪で治療する

少しだらだらと、肩こり治療の考え方について書き綴らせていただきました。
大切なことをもう一度お伝えしますね(^^)

肩こり治療に、まず大切なことは原因治療です。これなしでは改善は難しいと思います。
その上で、ひどい時に一時的にマッサージを受けるのは悪くありません。
むしろ上述したように信頼できる施術者であれば普通に効果的です。

大事なことはマッサージに依存しないことです。
対処療法づけになると本当に肩こりが一生取れなくなる場合もあります。
関西の方でしたら、当院にご相談していただければ診ることができますし、
遠方の患者様でも、肩こりを原因から改善してくれる整体師の先生を口コミなど探されると必ずおられると思いますので、
簡単なマッサージだけで済まさないようにしていただくことが大切になります。
さらに詳しく自分の肩こりの原因を明確にしたい方は下をみてください。

 

 

根本的に肩こりを改善したい方へ

詳しく肩こりの原因、治療法を知りたい方はご覧ください。

肩こりの本当の治療法とは?