逆子で悩まれている妊婦さんへ

世界の女性に元気と笑顔を!

女性のための鍼灸整骨院「ひろゆらり」です。
本日のブログのテーマは「逆子」についてです。
このブログを書くにあたっていろいろな逆子に関する情報をネットで調べましたが、
ほとんどが「逆子=異常」と捉えて、
その対処法などを論じているものが多くありました。
普段毎日何十人も逆子と言われた妊婦さんを整体させていただいている
経験を交えてお話しさせていただきます。
それではいきます。

逆子は異常ではありません!

これは前提として言えることですね。
逆子ちゃんの多くは、

頭位=正常(頭が下にある)

骨盤位(逆子)=異常(骨盤が下にある)

細かい分類はさておき、概ね頭位=正常、
骨盤位=異常、と捉えておられる方が多いのではないでしょうか?

子宮の中は羊水で満たされていますので、
私たち大人が生活しているような陸上とは違い、
宇宙空間のような無重力の世界です。
ですので空間の上下というのが存在しているとは思えません。
胎動を繰り返しているうちに頭部や骨盤の位置が入れ替わることも
当然ありますよね?
逆子の状態になっているからと言って慌てることはないです。
胎動が強く、元気な赤ちゃんだね〜と思って大丈夫です!

胎動の目的とは??

赤ちゃんはみんな程度の差あありますが、子宮の中で
胎動を行いますよね?
じつは胎動で動いているうち向きが変わったり、
することもかなり多いんです。

「胎動は何のためにするの?」
当たり前すぎて、胎動がなぜ起こるのか?なんて
あまり考えることもないかと思いますが、
この胎動、とてもとても大切なことなんですね。

赤ちゃんにとっての胎動は、

・手足の存在を認識して、将来器用に使える準備

・四肢(手足)の骨、筋肉を発達

おおまかにこんな意味を持ちます。
しかもこれ、全てこの赤ちゃん自身が子宮の中にいるときは、
胎動をした方がいい、とわかっているんですね。
人間の体は本当によくできているんです。

無重力な空間で胎動を行っていると気づけば頭と骨盤が逆に
なっていたなんてことも頻繁にありますね。
赤ちゃんからすれば、生まれるときに頭が下になってさえいれば、
いいので、それまでの間は好きな方向むいていても、
全然きにしてないでしょうね。

 

赤ちゃんは全てわかってる

胎児は生まれるときには頭が下になっている方が、
自分自身が出産しやすいことはすでにわかっています。

その証拠に逆子ちゃんが原因で帝王切開になる人は、
1000人中3人前後とパーセントにすると0.3%と
かなり低い数字です。

ですので、私が整体、鍼灸で逆子ちゃんをケアするときは、
逆子を異常とは捉えません。みなさん最後は必ず戻るからです。
赤ちゃんは必ず最終的には頭から生まれようとしていますから、
治療的に胎児を回転させるようなことはしません。
赤ちゃんが動ける環境を作れば勝手に回り始めます。
私がお手伝いするのは、
子宮環境を赤ちゃんが胎動を行いやすいよう整えること、これに尽きます。

子宮環境を整える上で大切なこと

子宮内で胎動をしやすいように環境を整える上で大切なポイントは、
子宮の血流量をあげること、ママのリラックスの2点です。
このときに院内で行うときは骨盤の調整や鍼灸を用いるのですが、
簡単に自宅でできる子宮の血流量をあげる方法を2つお伝えしますね。

①足首を冷やさないor足湯で温める

足首を冷やしすぎないように薄手の靴下で大丈夫ですので、
くるぶしより上10cm程度は覆ってあげましょう。
足湯で同じ部位を温めてあげることも有効です。
※足湯の場合は普段お風呂に浸かる温度より1〜2度程度高めに温度設定すると効果的です。

②腰を温める

とくに「腰椎3番と4番」という場所は子宮の血流を関連が深い骨なので、
この部分を温めます。

まず、場所を示します。

IMG_7185

黒い⚪️の部分を中心に蒸しタオルで10分間程熱を加えます。

⭐︎蒸しタオルの作り方⭐︎

タオルを濡らして絞ります。
IMG_7187
ビニール袋に入れて10〜20秒間レンジでチンします。
IMG_7188

※やけど注意です!

これをさらしなどで腰に巻き、
楽な体勢で10分〜15分程温めます。
横向きが楽な方が多いですね。
妊婦さんの楽な寝方参照⭐︎
IMG_7189
温めるものは蒸しタオルが一番効果的です。
熱が持続するカイロなどはあまり適していません。
温度は気持ち良く感じる程度で調節してみてください。

 

いかがでしょうか?

わかりにくい場合は、気軽にひろゆらりまでご相談いただければと思います。
逆子は指摘するとかなり大きな衝撃を受けることと思いますが、
大丈夫です。必ず戻ってくれることを信じて、
ママはドンとしていましょう⭐︎
不安なときは我慢せず私たちにご相談ください。
いつでもお待ちしています。
201507160168

 

大阪 枚方市  女性のための鍼灸整骨院 「ひろゆらり」