「反り腰」は悪くない!自分の姿勢をみつけましょう!

こんにちは。ひろゆらり鍼灸接骨院です。 今回は、ひろゆらりの患者さんからよく聞かれる「反り腰」についてお話します。

 

最近、産後のママから「赤ちゃんを抱っこしているとき腰が反っている気がする」「腰が反って、姿勢が悪くなって下腹がでている」など、こういった相談をよく受けます。抱っこや授乳の姿勢など普段の姿勢って気になりますよね・・・ 育児をしている中で、自分にとって、「どの姿勢が楽なのか」「良い姿勢はどれなのか」など、日常生活を送るなかでは楽で見た目も良い姿勢が1番良いですよね!

 

「反り腰」はどんな姿勢?

反り腰とは、姿勢を横から見て腰のカーブが強くなり後ろに反っている状態のことです。お腹が前に出てしまうように見えるため、ぽっこりお腹とも言われたりします。

反り腰check☆

反り腰2
壁に踵をつけた状態で、真っ直ぐ立ちます。腰に左右両方から手を入れると手のひらが触れるくらい腰が浮いている。

産後のママの反り腰は妊娠中の名残り?

youtuu6_3
妊娠中、10ヶ月の間にお腹は大きくなっていきます。特に、妊娠後期にお腹の中の赤ちゃんは急成長し、日に日に大きくなっていきます。
胎動もより感じやすくなったり、身体の変化も感じやすくなります。
急にお腹が大きくなると、ママの身体も赤ちゃんの成長についていくことが必要です。そして、10ヶ月間をかけて姿勢は変わっていくので、出産をすると「すぐ元通り」というわけにはいきません。なので、産後にそのままお腹を前につきだした姿勢や妊婦さんのときの姿勢は残りやすくなります。

 

 「良い姿勢」はどんな姿勢?

良い姿勢と聞かれると、どんな姿勢を想像しますか? 胸を張ってピシッと頭のてっぺんから足先まで1本棒が突き刺さっている様な姿勢、モデルさんの様な立ち姿勢などイメージする方も多いと思います。

 

猫背で体が丸くなって、前かがみの姿勢、お腹をつきだして立っている姿勢を良い姿勢と思う方は、少ないですよね・・・ 「良い姿勢」は、人それぞれです。生活スタイルや職業など、周りの環境で変わっていきます。

例えば、お腹が痛いときは、お腹をおさえて丸くなったり、落ち込んでいるとき、気分がのらないときは自然と俯いた姿勢になったり、今から楽しいことがあるときは自然と胸を張った姿勢になったり、その日の体調、気分で姿勢は変わります。
なので、「反り腰」の姿勢が全部悪いというわけではありません。
けれど、「反り腰」や「猫背」になっていると鏡でみたり、家族・友達から言われると気になりますよね・・・

自分の良い姿勢、位置を見つける

自分が「反り腰」だからと言って、無理に姿勢を正すと身体は1分もすれば疲れて元の姿勢に戻ってしまいますよね。
「姿勢を気にする」ということはすごく良いことです!それだけ、自分の身体に目を向けているということなので大切です。
自分の姿勢をみつけるために、毎日立ちやすい姿勢を探しましょう!

立ちやすい姿勢の探し方

つま先  踵
外側  内側
まっすぐ立って、体重を右、左、前、後に乗せていきます。これだけです!
その日によって、右に乗りやすかったり、前に乗りやすかったり、いろいろと変化します。こうして、体重が乗りやすい位置がみつかると、1日身体にとって良い姿勢で動けるので身体の不調、疲れがでにくい身体になります。
産後のママ、妊婦さんは身体の変化、生活スタイルが日々大きく変化していくので、ぜひご自身の立ちやすい位置を探してみてください!