妊娠中、睡眠不足の方へ~質の高い睡眠を得る2つの方法~

妊娠中、眠たいのに「ぐっすり眠れない」という不眠の症状を感じる妊婦さんも多くいらっしゃいます。

睡眠は人間が生きていくために必要な3大欲求の一つです。
眠たいのに眠れないってすごくストレスに感じますよね・・・
翌朝、寝られなくてスッキリ起きれなかったり、1日中眠たかったり。なかなか物事に集中もしづらくなります。 更に産後、眠れなくなるって聞くし、妊娠中は寝れるなら寝たい!という方も多いと思います。

睡眠時間が少なくても、質の良い睡眠がとれると身体は回復します。
例えば、お昼寝で10分寝て、そのあと「スッキリ目がさえて、効率よく家事や仕事に取り組めた」という経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

今回は、「質の良い睡眠へ!2つの方法」をお伝えします。

妊娠中はなんで眠れなくなるの?

妊婦さんは、お腹のなかに赤ちゃんがいて、どんどん大きくなるお腹・胎動を感じ、これから産まれてくる赤ちゃんとの未来。しあわせなイメージがたくさんありますよね。

その反面、お腹はどこまで大きくなるのか、昼夜問わずの胎動、出産ってどれぐらい痛いのか、育児は大丈夫かな。など様々な不安も抱えていますよね。

妊娠中、眠れないのは「子育ての準備」とも言われています。

お腹のなかで10ヶ月間、赤ちゃんを育て、赤ちゃんが産まれたその日からママとして育児が始まります。
赤ちゃんは、初め泣くことで意思表示します。お腹がすいたらおっぱいがほしくて泣いて、おしっこしたらオムツが気持ち悪くて泣いて、かまってほしくて泣いて・・・など。

もちろん、時間の感覚もわからないので赤ちゃん自身の生活リズムで。

ママも昼夜問わず、赤ちゃんのリズムでの生活になります。 いきなり、昼夜問わず赤ちゃんのリズムになると身体はついていかないですよね。

なので、妊娠10ヶ月を通して出産のために骨盤が緩むように、「子育ての準備」として夜中に目が覚めたりしながら、夜中の授乳やオムツ替え、赤ちゃんの泣き声に気づけるように準備しています。

眠れないのも「これからの子育ての準備」と思えると、少しストレスも楽になると思います。

けど、やっぱり眠れないと身体はしんどいですよね。 睡眠時間は少なくても、短い時間で質の高い睡眠がとれることが大切です。 しかし、眠れなくて寝よう、寝ようと思うと悪循環になり余計に眠れなくなりますよね。 そんなときに、してほしい方法が2つあります。

1.深呼吸

深呼吸をすることで、身体の循環がよくなりリラックス効果に繋がります。 妊娠するとお腹の赤ちゃんが、育つスペースを作るのに、肋骨を押し上げてスペースを作ります。 肋骨が押し上がると、呼吸が浅くなりやすくなるので身体の循環も悪くなります。呼吸に意識を向けて、リラックスして深呼吸をしてみてください。

2.百会(ひゃくえ) ツボ押し

百会

耳から真っ直ぐ、頭頂部に百会(ひゃくえ)というツボがあります。
頭が疲れていたり、緊張しているときに効果的です。 30秒ぐらい気持ちいい強さで刺激してみてください。
妊娠中、眠れないのは辛いですが、目を閉じてリラックスするだけで身体の疲れや緊張はとれていきます。 自分がリラックス、ゆっくり休める方法を探してみるのも良い睡眠を得るのには重要です!

なかなか眠れない日に、試してみてください☆