肩こり・頭痛に良く効く!「蒸しタオル」法

皆様こんにちは。ひろゆらり鍼灸整骨院です。
本日は肩こり・頭痛に効果的な方法をお伝えしたいと思います。
特に用意するものはなく、「蒸しタオル」を使って自宅で一人で出来る方法です。
本当にやり方は簡単で上向きで10分程「目を温める」これだけです。
特にデスクワークでパソコン作業が多い方、スマホをよく見られる方、
ゲームをされる方・精神的に気疲れをしやすい方などのタイプの肩こりには
有効な手段ですので、ぜひお試しください。

肩こりは肩の筋肉の血行不良が原因ではない

皆さんが一般的によく聞かれる肩こりの原因は「肩の筋肉の血行が悪い」
だと思います。
ですので、カイロなどで肩や背中を温めると効果的だ。という話になりませんか?
これ間違ってはいないのですが、もうひと深い問題として「なぜ、肩の筋肉の緊張するのか」
ということをなおざりにして、単純に肩の筋肉を温めても、少し楽になるだけで、
あまり大きな変化は期待できません。

今回お伝えする内容は、「目」が疲れて肩こりになっている方にとっては非常に有効な手段です。
目が原因の肩こり・頭痛は、デスクワーク中心の方や、人に気を使いすぎて気疲れしやすいタイプ
の方には有効な手段になります。
すべての肩こりに効果的ではありませんが、これにより症状が悪化することも少ない方法ですので、
一度お試しになられて、効果的でしたら数週間続けてみてください(^^)

目は口ほどにものをいう??

「どうして目の疲労から肩こり・頭痛になるのか?」
目は口ほどにものをいう。そんなことわざがあるくらい、「目」は脳と密接な関係を持っていて、
脳の働きと同じ程度に目は使われています。
目線の向きで人が考えている内容を読み取ることが出来るのも、そのせいなんですね。
冒頭で、気疲れする人の肩こりとお話したのは、
脳が気をつかうことで疲労すると目の動きがおかしくなってきます。
目の神経と、肩の僧帽筋という筋肉の神経は脳神経という脳から枝分かれする神経によって
コントロールされているので、目の血流不足は肩こりの原因になります。

ですのでこういった場合の肩こりには目を温めることが効果的なんですね(^^)

目の温め方

用意するもの : タオル・ビニール袋1枚  以上。

特に購入するものはありませんね(笑)

まずタオルの濡らし、固く絞ります。ビニール袋に入れてレンジで蒸します。
約10~30秒程で結構あつくなりますので、やけどには十分注意してくださいね。
温度は個人の感覚で少し熱めの気持ちいいくらいで大丈夫です。

上向きになってこれを目に当てます。

IMG_6516

この状態で、タオルが少し冷たく感じるまで置きます。
ポイントは冷たく感じるまでが大切です。ですので、常に高温を維持するカイロなどではあまり効果的ではありません

大体10分前後でしょうか。

これを毎日数回づつ続けてみてください。かなり肩こりが軽くなり改善されてくることがわかるかと思います。

デスクワーク等で肩こり・頭痛で悩めれている方はぜひ一度お試しくださいね(*´ω`)