腰痛に悩まされないために!産後骨盤を締める必要性

出産後、無時に退院してからしばらくして急に歩けなくなったということが稀にあります。

産後一週間で朝、急にお腹に力が入らなくて、歩くのも大変どうしたらいいですか?

一年間に何回かこのような電話がかかってきます。
産後急に立てなくなったり寝返りができなくなって動けなくなる方は多いです。

考えられる原因は二つ

1つめは

骨盤の関節が緩み過ぎて骨盤を支える筋肉に力が入りにくくなってしまっていると考えられます。

2つめは

筋肉の問題で、出産〜育児により骨盤底筋にダメージがかかりすぎて力が弱り骨盤をりにくくなってしまっていると考えられます。

対策は「骨盤を固定すること」

どちらが原因の場合でも、まずは骨盤ベルトやさらしなどで骨盤を固定して下さい。
腹部はあまり締めすぎず、恥骨-大転子ラインでしっかりと固定します。
(参考記事: 骨盤ベルト正しい位置で巻いてますか?)
CIMG4808

IMG_4068

骨盤ベルトだけでは、まだ不安定で力が入りにくいという方は、さらにさらしでお腹を圧迫固定して下さい。
産後腰痛

産後腰痛2

 

骨盤とお腹の筋肉を圧迫固定することで、動きやすくなります。
出産後すぐは、骨盤が最大限に開いて不安定な状態になっています。

そのため、産後一ケ月は骨盤ベルトで固定することは必要です。

 

骨盤ベルトの締め方を間違えると逆効果にも!?

この問い合わせをいただいたほとんどの方は、骨盤ベルトの締め方を誤っているようです。

骨盤ベルトをお腹にかかるように巻いてしまっているようです。

産後は特に、ベルトをしていても位置が違えば今回のケースのように逆効果になってしまいます。
このブログをご覧のプレママさん。
産後ママさん。
産後一ヶ月は、骨盤ベルトで固定することをオススメします。

その場合は、ぜひこちらを参考に巻いてくださいね(^-^)
(参考記事: 骨盤ベルト正しい位置で巻いてますか?)
ご不明な点や、質問などあれば気軽にご相談お待ちしております。
072-807-3210