どこに行っても改善しなかった
ドケルバン病が当院の施術で改善

ドケルバン病

こんなお悩み
ありませんか?

  • 親指が痛くて、ペットボトルや瓶の蓋をあけれない
  • 最近親指から手首が痛くて、荷物をもつのがつらい
  • 突然親指付け根に激痛が走るのが怖くて何も出来ない
  • 何かを握ったりするときに親指の付け根が痛い
  • だっこや授乳の姿勢が辛い
  • お箸でつまむ動作も痛くて食事が楽しくない

このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。

ドケルバン病に対する施術

当院では、ドケルバン病(腱鞘炎)を、①原因に対する施術。②痛みに対する施術。の大きく2つに分けて施術を行ないます。

ドケルバン病の痛み解消

ドケルバン病は、日常生活の中で手首や指の使いすぎによって発生する腱鞘炎のひとつです。腱鞘炎とは、「腱鞘」という部分(図の紫色の部分、刀の鞘(さや)のような役割から命名)の炎症を指しており、腱鞘は手や足にも存在していますが、この親指の部分の腱鞘は特に負担がかかりやすく頻繁に炎症を起こします。ですので、まずはこの腱鞘に対して施術を行うことで、痛みを和らげることが出来ます。
腱鞘に対する施術として当院では、滑りを良くする目的の整体と、患部の血流を改善するための鍼灸施術をオススメしています。整体と鍼灸により、腱鞘の滑りを良くし、血流改善効果により炎症物質を流すことで、痛みが解消します。

ドケルバン病の原因

ではなぜ、ドケルバン病になるのでしょうか?この原因は大きく2つに分けられます。①骨盤と背骨のゆがみの問題。②目の問題。
①の骨盤背骨のゆがみは、全身の筋肉に影響して良く使われる筋肉と、あまり使われない筋肉を発生させます。あまり使われない筋肉が発生することで、その分の負担を肩代わりする筋肉や腱も同時に発生します。ドケルバン病で炎症が起こる筋肉は橈側手根伸筋腱と呼ばれる部分で、この腱が他の筋肉の肩代わりをしているために、過剰な負担がかかり炎症が発生します。
②の目の問題とは、手元に目の意識が集中しすぎるために手の緊張感が高まることで動作がスムーズでなくなり、手や手首に痛みが現れます。これは普通の荷物では何も感じない重さでも、それがとても大切なものや人(赤ちゃんなど)になればなるほどこの傾向が出てきます。その証拠に子育ての一人目さんはドケルバン病になりやすいですが、二人目さん以降はほとんどなりません。当院では目の集中緊張を緩和するために目周囲の施術や温めるといった処置を行っています。

受付時間 日・祝
9:00-13:00 午前診 ×
13:00-19:00 夕診 × × ×

※ベビーカーでの来院も可能です。

※第四水曜日は院内研修のため休診です。

※最終予約は受付時間の30分前になります。