どこに行っても改善しなかった
月経不順が当院の施術で改善

月経不順

こんなお悩み
ありませんか?

  • 月経周期がバラバラで、いつくるかわからない
  • 基礎体温をつけているがジグザグになっている
  • 生理が来ないので将来妊娠できるか不安
  • 周期が遅く、生理痛が酷い
  • 毎月生理が来るようにしたいが、薬は飲みたくない
  • 1カ月に2回生理がくることもある
  • 経血量が少なく、2~3日で生理が終わってしまう

なかなか生理が来ない、周期がバラバラ、期間が長い、期間が短いなど、
もうずっとこのような症状を抱えたまま生活しないといけないと思っていませんか?
このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。

月経不順とは何か?

月経とは、約1カ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮内膜からの周期的な出血を言います。月経開始日から次回の月経開始前日までを月経周期といいます。一般的には25日~38日が正常範囲とされており、一回の出血での持続期間は3~7日です。
月経不順は、この周期や持続期間が短くなったり長くなったりする事を言います。
周期が、25日より早く月経起こるものを頻発月経、39日以上3カ月未満で起こる月経を希発月経、月経がない状態を無月経といいます。持続期間は、出血日数が2日以内のものを過短月経、出血日数が8日以上のものを過長月経といい、現代医学ではどれも異常としてとらえられ、身体になんらかの影響があるのではないかと考えられます。
身体が成熟していない、過度なストレスがあるなどでも乱れることがあり、周期や期間が乱れていても身体は正常な場合もあります。

月経不順の原因

正常月経では、エストロゲン、プロゲステロンの周期的変動により子宮内膜も周期的に変化し、規則的に子宮体部から出血を起こしています。これらのホルモンが分泌されない、分泌がダラダラ続くなどの異常、子宮の異常によって正常に月経が行われない状態が月経異常とされています。
月経不順の原因は、ホルモンバランスの崩れによるもので起こるものや精神的なストレス、肉体的なストレス、身体の成熟具合などでも左右されていくとされていますが、ホルモンバランスが何故崩れてしまうのかとういうところまでは現代医学ではそれほど重要視されていません。しかし、こういった部分に本当の原因が隠れている可能性があります。

月経不順の施術

一般的に月経不順は、排卵誘発剤、止血剤、ホルモン剤により月経をコントロールしていく治療していく事が主流になりつつあり、こういった治療で改善する人もいますが、先ほど述べたようにホルモンバランスが崩れを改善しても原因の改善とはならない為、薬を止めると再び症状が現れる人も多く存在します。
当院では、このような症状でお悩みの方に対しても東洋医学の考えを取り入れる事で症状を解消する為の施術を行うことが出来ます。
東洋医学では、周期や持続期間の乱れと体の不調は関連していますが、現代医学の考え方と同じ部分もあれば少し違うところもあります。東洋医学での月経周期の正常範囲は28日±7日とされており、早く起こるか遅く起こるかで身体が持っている熱量が変わって来るのはもちろんその他、色や量、月経血の質によっても身体の状態が変わってきます。
東洋医学では、月経不順であっても妊娠すれば正常、周期が正常であっても妊娠しなければ何らかの異常があると考えることもあるため、月経周期も身体を診る一つの指標として考えられています。
周期、期間、量の変化、色、状態、塊、痛み、服薬がどうなのか?といったところから原因を探し出し、状態が変化していく内容を知ることで身体が今どういう状態にあるのかを把握することができ、更にそこからホルモンバランスが何故崩れてしまったのかという根本的な原因まで特定することができます。
東洋医学では、こういった状態は体のバランスの乱れが原因となっていると考えられており、その乱れてしまった流れを整える事で症状を改善させることができます。体のバランスは、感情や気候の変化、暴飲暴食、疲労、外傷などで乱れますが、自然治癒力が高い人は乱れたとしてもバランスがしっかり取れた元の状態に戻るので自然治癒力を高める事は月経不順の解消にもなりえるということです。当院では鍼灸施術を中心に体のバランスを整えるとともに自然治癒力も高める事ができます。
月経不順は一般的に薬で対処する施術がほとんどです。しかし、薬でホルモンバランスを矯正したところで無理にホルモンがでている状態を作っているだけです。本来であればでるはずのないホルモンがでることで体が対応しきれず、逆にしんどさがでてくる事もあり、体の状態を崩してしまう事もあります。鍼灸施術では無理にホルモンを出すような施術をするようなことはなく、自然な形で体質を変えていく事ができるので体にかかる負担も軽減されます。

当院で対応可能な月経不順

当院は、鍼灸治療を中心に東洋医学、西洋医学、整体療法、食生活アドバイスなど様々な観点から治療を進めることで症状の改善を目指しています。
どこにいったらいいのかわからない、病院では薬を出される以外は診てくれない、薬はなるべく飲みたくない、など不安で仕方がないような状況であれば、ぜひご相談ください。

一般的な治療院での施術と当院の施術の違い

一般的に整骨院などで月経不順に対する治療が出来るイメージが無いと思いますが、東洋医学の考えを取り入れることでこれらを可能にしています。鍼灸治療をしている多くは単に症状を和らげることに重点を置いているため腰が痛ければ腰に鍼灸治療を行います。
ですが、当院では症状を和らげるだけの治療はおこなっていません。なぜなら、月経不順になる理由があるからです。
月経不順は、

①感情や気候の変化、暴飲暴食、疲労、外傷で体が疲労する
②体のバランスが崩れ、気・血・水の流れが乱れる
③排卵障害やホルモンバランスが崩れる
④月経不順がでてくる

という流れがあります。一般的な月経不順に対する薬物療法では、③の排卵障害やホルモンに対しての対処を行いますが、当院では東洋医学の考えを取り入れ独自の「鍼灸治療」により、①と②に働きかけることで、月経不順になる理由をクリアすることにより、月経不順が改善されます。

受付時間 日・祝
9:00-13:00 午前診 ×
13:00-19:00 夕診 × × ×

※ベビーカーでの来院も可能です。

※第四水曜日は院内研修のため休診です。

※最終予約は受付時間の30分前になります。