安産にむけて、骨盤体操を!

日本全国の妊婦さん、こんにちは! 妊婦さん、産後ママさんのための鍼灸整骨院「ひろゆらり」の下大前です。

診療で毎日のように妊婦さんに質問される、「骨盤体操ってなに?」に関してご説明させていただきたいと思います。

そもそも「安産」とはなにか?

「安産」という言葉はよくよく耳にしますね。「3時間で出産出来て安産だったね。」「お産に時間がかかったけど安産だったよ。」と言われたり、「いやいや、お産時間短いって言われたけど、思ってたより何十倍も痛くて安産じゃないよ(>_<)」
と言われる産後ママさんをいらっしゃいます。単純に痛くないことが安産なのか?帝王切開は安産ではないのか?・・・考える程に答えは出ないですね。。。
「安産」という言葉は人それぞれ異なるかと思いますが、僕は「母子ともに健康であればすべて安産」だと考えています。赤ちゃんが無事に生まれくることは当然のように聞こえますが、実はすごく奇跡の連続なんですね。。お母さんも赤ちゃんも健康でいることそのものが、安産ではないかなと思っています。

では、骨盤体操は何のためにするの?

母子ともに健康であれば、安産!ていうことは骨盤体操はしても意味ないの? そんなことはないいんですね。それは下のような理由があるからです。

  1. 胎児が居心地のいい環境を作る
  2. お産時間を出来る限り短くする

運動をすると、体温が上がって汗をかきますよね?これは血流が上がることにより起こります。骨盤周囲の体操を行うことで、子宮の血流もよくなり、子宮の固さが取れて柔らかくなります。赤ちゃんも固いベッドより柔らかい方が居心地がいいですよね?
それに加え、体幹の筋肉が刺激されることで、子宮の位置が改善されることにより、胎児が胎動出来るスペースを確保してあげることで赤ちゃんが気持ちよくなってくれます。
これは非常に大切なことで、なかなか回ってくれない逆子ちゃんも体操をするだけで回ってくれたケースも本当よくあります。(ちなみに逆子ちゃんで帝王切開になるケースは1000人のお産があれば3~4人程度です。実はけっこうまれです)
胎児期間を快適に過ごした赤ちゃんは出産後も比較的穏やかで夜泣きがしにくいということも助産師さんおっしゃられていました。

上でも書かせていただいた通り、母子とも健康であれば安産ではあるものの、出来るだけお産時間が少ない方が産後の回復も早いので、お産時間は短い方がいいとは思います。
そこで、日々、月400人以上の妊婦さんの整体や体操指導を通して感じることがあります。お産時間が比較的短く、産後の身体の回復が早い人は、

「自分の骨盤を意のままに動かせる人」

ではないかと感じています。以前流行ったコアリ〇ムなど、骨盤をクネクネ動かせる人、例えばエアロビクスのインストラクターさんや、スポーツをそこそこたしなんでいた方は、いざお産の時にに柔軟に骨盤が開いてくれて、お産がスムーズにいく方が多いです。
反対に、運動経験があまりなく、骨盤の位置をうまくコントロールできない方はお産時間が長くかかっているように思います。(お産時間はママの骨盤柔軟性以外にも、骨産道の広さ、産道の脂肪、児頭の大きさ、子宮の収縮力・・・など様々なことが関わりますのですべてがこの限りではありません。)
ですので、骨盤をうまく動かせる人は妊娠中~産後にかけても割合、快適に生活されている方が多いです。

では実際にどんな体操が効果的なのか?

これは正直な意見でいうと、人により異なります。それは顔がそれぞれ違うように、一人一人の骨盤や身体のもつクセが違うからです。本格的には「ひろゆらり」に来て頂いて身体を見てからご指導させていただくことオススメします。
ですが、誰でも取り組んでおいて損はない体操を2つ写真つきで載せてみますので、これだけでも定期的に続けると効果がありますのでぜひ取り組んでみてくださいね。
※体調がすぐれないときや、お腹に張りがあるときは体操を避けてください。その他ご不安な方は主治医に相談の上実施するようにお願い致します。

①足首回し

足首で大きく円をあがくように動かします。このとき、足首だけでなく、股関節から動くことも意識してください。股関節が動く=骨盤が動く➔骨盤の血流UPことにつながります。
IMG_4326IMG_4327

➔  IMG_4329IMG_4331

5周回したら、反対周りも5周行います。毎日続けていると歩きやすくなり、胎動がポコポコ激しくなってくる方もおられると思います。股関節を動かす意識を忘れずに取り組んでみてください。

 

②おしりフリフリ体操

四つん這い姿勢をとります。息を吐きながら、おしりを右にふり、右のおしりをのぞき込むように首ごと傾けます。このとき骨盤~背骨~頭すべてが滑らかに動くように意識しましょう。

ゆっくり行い、反対も息を吐きながら行います。左右5回づつおこないましょう。

IMG_4322➔  IMG_4324IMG_4325

 

 

ゆっくりしたペースで呼吸を意識しながら行うことで身体全体がポカポカしてきた方はOKです。①と②を朝晩1回ずつやってみてくださいね(^^)/

安産体操という名前ですが、そもそも妊婦さんは状態が安定していれば適度に動かしてあげていた方が身体は調子がいいと思います。御妊娠出来る身体は胎児が至って健康な方が多いです。医師から安静を指示されている場合は別ですが、
そこまで神経質にならず、身体は動かしてみてくださいね(^^)/
何かご不安な点は遠慮なくひろゆらりまでご相談下さい。