生理痛・PMS(月経前緊張症)に効くツボ

生理痛・PMSに効くツボをご紹介します。

 

気海・・・身体の中心線上でおへそから指幅2本下がったところ。元気を補い気の流れを促します。

血海・・・膝蓋骨の内側、上端角から指幅3本ほど上がったところ。骨盤内の血の滞りを取り除き、血行を良くします。

三陰交・・・内くるぶしの中心から、指幅4本あがったところ。骨の後ろのふちを押すと圧痛があります。身体の冷えを取り除きます。

seituutubo

 

※TUBOBOOK(SENEFA)より引用させていただいています(‘◇’)ゞ

このツボにお灸を据えると身体の血液のめぐりが良くなり、冷え解消、骨盤内の血流upにつながることで、生理痛に効果があります。毎日続けることで徐々に症状が少しづつ軽くなることを実感できるかと思います。
本来ははりや灸を用いて刺激しますが、お灸がない場合やお灸が出来ない場合はツボへの指圧でも効果があります。それぞれ10秒ずつ指で優しく押して下さい。これを3セット繰り返します。

こいういった方法で改善しやすいタイプとして、月経ピーク後に痛みを感じる月経痛(生理痛)があります。月経ピーク前に痛みが強くなりピークとともに痛みが軽減するタイプの月経痛は子宮内膜症・子宮筋腫などの疾患が隠れていることもありますので、このような痛み方の場合、もしくはピーク後の痛みでもなかなか月経痛が改善しにくい場合は、まず婦人科を受診されることをオススメします。当院では提携している産婦人科(石田病院)がありますので、婦人科はちょっと…という方はまずひろゆらりにご相談にお越しいただいても大丈夫です。生理痛は本当につらいと思います。一人で悩まず気軽に来てくださいね(^^

 

ツボの位置がわからない、自分でケアをしていてもなかなか症状が

良くならないという方はご相談下さい。